ソフトマター https://softmatter.mechanical-tech.co.jp/index.php/rss.xml ja 2020年10月号 https://softmatter.mechanical-tech.co.jp/index.php/node/255 <span class="field field--name-title field--type-string field--label-hidden">2020年10月号</span> <span class="field field--name-uid field--type-entity-reference field--label-hidden"><span lang="" about="/index.php/user/1" typeof="schema:Person" property="schema:name" datatype="">admin</span></span> <span class="field field--name-created field--type-created field--label-hidden">2020年10月05日(月曜日)</span> <div class="clearfix text-formatted field field--name-field-body field--type-text-long field--label-hidden field__item"><p><img alt="SoftMatte2010月号表紙s" data-entity-type="file" data-entity-uuid="f00fca06-274d-41ca-a921-6c5a1bc09c79" src="/sites/softmatter.mechanical-tech.jp/files/inline-images/SoftMatte2010%E6%9C%88%E5%8F%B7%E8%A1%A8%E7%B4%99s_0.jpg" class="align-left" /></p> <p> </p> <p> </p> <p> </p> <p> </p> <p> </p> <h4>特集:ソフトマターの分析・解析技術</h4> <p>◇電気泳動光散乱法の基礎と発展・・・九州大学 木村 康之<br /> ◇ソフトマター解析にも使用できる小角光散乱法を用いた高分子構造解析・・・大塚電子 牟田口 綾夏<br /> ◇X線マイクロCTの原理とメリット、ソフトマターの測定例・・・スギノマシン 大坪 雅之 氏、森本 裕輝 氏 に聞く<br /> ◇X線マイクロCTの原理とメリット、ソフトマターの測定例・・・ブルカージャパン 中山 悠、高杉 早苗<br /> ◇洋上風力発電機の長寿命化に向けた潤滑×シミュレーション技術のNEDOプロジェクト開始・・・出光興産 甲嶋 宏明、小別所 匡寛、横山 翔、岡山大学 大宮 祐也、兵庫県立大学 阿保 政義、松本 直浩、木之下 博、鷲津 仁志</p> <h4>連載</h4> <p>Activities・・・大阪大学大学院理学研究科 高分子科学専攻 高分子物理化学(井上)研究室<br /> Cover Story・・・熱分析との併用で新たな知見が得られる小角光散乱装置<br /> ソフトマターの豆知識 第29回 有機-無機ナノコンポジットゲル(NCゲル)・・・山形大学 古川 英光</p> <h4>Newsトピックス</h4> <p>サーフテクノロジー、国内初、DLCコーティングでFDA認証を取得<br /> ポリプラスチックス、独連結子会社のCOC製造設備の新増設を決定<br /> 三井化学、長岡技術科学大学とプラスチック廃棄物の再利用を促進する技術を共同研究<br /> イグス、バスケーブルで定格電圧300V UL認証を取得</p> <h4>雑誌ご購入</h4> <p><a href="https://softmatter.mechanical-tech.co.jp/subscription">定期購読はこちらから</a></p> <p><a href="https://www.fujisan.co.jp/product/1281701442/b/list/">単号のみのご購入はこちらから(外部サイト)</a></p></div> Mon, 05 Oct 2020 00:37:41 +0000 admin 255 at https://softmatter.mechanical-tech.co.jp 10月号「特集:ソフトマターの計測・評価技術」が10/7に発行! https://softmatter.mechanical-tech.co.jp/index.php/node/138 <span class="field field--name-title field--type-string field--label-hidden">10月号「特集:ソフトマターの計測・評価技術」が10/7に発行!</span> <span class="field field--name-uid field--type-entity-reference field--label-hidden"><span lang="" about="/index.php/user/1" typeof="schema:Person" property="schema:name" datatype="">admin</span></span> <span class="field field--name-created field--type-created field--label-hidden">2019年10月04日(金曜日)</span> <div class="clearfix text-formatted field field--name-field-body field--type-text-long field--label-hidden field__item"><p><img alt=" softmatte1910月号表紙" data-entity-type="file" data-entity-uuid="c2e993f3-d6b6-469b-9be6-2eef60f98451" src="/sites/softmatter.mechanical-tech.jp/files/inline-images/softmatte1910%E6%9C%88%E5%8F%B7%E8%A1%A8%E7%B4%99.jpg" class="align-right" /> “やわらかい物質”と計測・評価の技術情報誌「月刊Soft Matter」の第19号となる2019年10月号が10月7日に小社より発行される。</p> <p> 今号の特集では、「特集:ソフトマターの計測・評価技術」として、中性子準弾性散乱によるソフトマターの研究から、ゲル研究におけるナノ粒子解析装置の適用、粘度測定活用例と粘度計の最新技術まで、ソフトマターの計測・評価手法と適用事例などについて紹介する。</p> <p> </p> <p> </p> <p> </p> <p> </p> <h4>特集:ソフトマターの計測・評価技術</h4> <p>◇中性子準弾性散乱によるソフトマターの研究・・・高エネルギー加速器研究機構 瀬戸 秀紀、総合科学研究機構 山田 武<br /> ◇ゲル研究におけるナノ粒子解析装置の適用・・・堀場製作所 森 哲也、櫻本 啓二郎<br /> ◇粘度測定活用例と粘度計の最新技術・・・アタゴ 井上 正清<br /> 注目技術<br /> ◇樹脂材料への機能性めっきの適用:MID用めっきの適用と市場形成・・・マクダーミッド・パフォーマンス・ソリューションズ・ジャパン・・・ジュリアン・ベイショア 氏に聞く</p> <h4>連載</h4> <p>・Cover Story・・・トライボロジー試験の受託サービスを展開<br /> ・ソフトマターの豆知識 第17回 相分離・・・山形大学 古川 英光</p> <h4>Newsトピックス</h4> <p>・不二WPC、第10回“かながわ「産業Navi大賞」”でサービス部門 優秀賞を受賞<br /> ・龍谷大学、ゾウリムシの繊毛を模倣し光照射で物体を移動させる結晶ブラシの開発に成功、ソフトロボットへの応用に期待</p> <h4>雑誌ご購入</h4> <p><a href="https://softmatter.mechanical-tech.co.jp/subscription">定期購読はこちらから</a></p> <p><a href="https://www.fujisan.co.jp/product/1281701442/b/list/">単号のみのご購入はこちらから(外部サイト)</a></p></div> Fri, 04 Oct 2019 08:01:46 +0000 admin 138 at https://softmatter.mechanical-tech.co.jp 2022年8月号「3D造形などソフトマターの成形技術」発行 https://softmatter.mechanical-tech.co.jp/index.php/node/363 <span class="field field--name-title field--type-string field--label-hidden">2022年8月号「3D造形などソフトマターの成形技術」発行</span> <span class="field field--name-uid field--type-entity-reference field--label-hidden"><span lang="" about="/index.php/user/1" typeof="schema:Person" property="schema:name" datatype="">admin</span></span> <span class="field field--name-created field--type-created field--label-hidden">2022年08月12日(金曜日)</span> <div class="clearfix text-formatted field field--name-field-body field--type-text-long field--label-hidden field__item"><p><img alt="SoftMatte2208月号表紙" data-entity-type="file" data-entity-uuid="1c57ea9d-c9f2-4030-995f-161307e4e7e0" src="/sites/softmatter.mechanical-tech.jp/files/inline-images/SoftMatte2208%E6%9C%88%E5%8F%B7%E8%A1%A8%E7%B4%99.jpg" class="align-right" /> “やわらかい物質”と計測・評価の技術情報誌「月刊Soft Matter」の第53号となる2022年8月号が8月12日に小社より発行された。</p> <p> 今号は、特集「3D造形などソフトマターの成形技術」として、自動車プラスチック部品の表面品質と射出成形における金型コーティングや、射出成形品の意匠性・機能性を付与するシボ加工技術と光沢計/分光測色計による意匠性・機能性評価、3Dプリンティング用機能性樹脂複合材料のロボットなどへの適用展開について紹介する。</p> <p> </p> <p> </p> <p> </p> <h4>特集:3D造形などソフトマターの成形技術</h4> <p>◇自動車プラスチック部品の表面品質と射出成形における金型コーティング・・・日産自動車 水谷 篤<br /> ◇射出成形品の意匠性・機能性を付与するシボ加工技術と光沢計/分光測色計による意匠性・機能性評価・・・棚澤八光社、コニカミノルタジャパンに聞く<br /> ◇3Dプリンティング用機能性樹脂複合材料のロボットなどへの適用展開・・・大塚化学 稲田 幸輔 氏、米津 友希郎 氏に聞く</p> <h4>連載</h4> <p>Cover Story・・・3D造形品をより実用的にする3Dプリンティング用機能性樹脂複合材料<br /> ソフトマターの豆知識 第50回 タンパク質のフォールディング・・・山形大学 古川 ヒデミツ</p> <h4>Newsトピックス</h4> <p>理研、接着剤不要の超柔軟導電接合に成功<br /> 産総研など、複数のAI活用し複雑な材料データから機能を予測する技術を開発<br /> NIMSなど、「全固体電池マテリアルズ・オープンプラットフォーム」を本格始動<br /> 旭化成、産業系由来の再生プラスチック利用促進システム開発を開始<br /> ユニチカ、サステナブル社会の実現に向け環境配慮型樹脂の販売を展開</p> <h4>雑誌ご購入</h4> <p><a href="https://softmatter.mechanical-tech.co.jp/subscription">定期購読はこちらから</a></p> <p><a href="https://www.fujisan.co.jp/product/1281701442/b/list/">単号のみのご購入はこちらから(外部サイト)</a></p></div> Fri, 12 Aug 2022 03:34:11 +0000 admin 363 at https://softmatter.mechanical-tech.co.jp 2022年8月号 https://softmatter.mechanical-tech.co.jp/index.php/node/362 <span class="field field--name-title field--type-string field--label-hidden">2022年8月号</span> <span class="field field--name-uid field--type-entity-reference field--label-hidden"><span lang="" about="/index.php/user/1" typeof="schema:Person" property="schema:name" datatype="">admin</span></span> <span class="field field--name-created field--type-created field--label-hidden">2022年08月12日(金曜日)</span> <div class="clearfix text-formatted field field--name-field-body field--type-text-long field--label-hidden field__item"><p><img alt="SoftMatte2208月号表紙s" data-entity-type="file" data-entity-uuid="0bdfd8c0-c6f2-4cd4-aeff-de26c79ad6c9" src="/sites/softmatter.mechanical-tech.jp/files/inline-images/SoftMatte2208%E6%9C%88%E5%8F%B7%E8%A1%A8%E7%B4%99s_0.jpg" class="align-left" /></p> <p> </p> <p> </p> <p> </p> <p> </p> <p> </p> <h4>特集:3D造形などソフトマターの成形技術</h4> <p>◇自動車プラスチック部品の表面品質と射出成形における金型コーティング・・・日産自動車 水谷 篤<br /> ◇射出成形品の意匠性・機能性を付与するシボ加工技術と光沢計/分光測色計による意匠性・機能性評価・・・棚澤八光社、コニカミノルタジャパンに聞く<br /> ◇3Dプリンティング用機能性樹脂複合材料のロボットなどへの適用展開・・・大塚化学 稲田 幸輔 氏、米津 友希郎 氏に聞く</p> <h4>連載</h4> <p>Cover Story・・・3D造形品をより実用的にする3Dプリンティング用機能性樹脂複合材料<br /> ソフトマターの豆知識 第50回 タンパク質のフォールディング・・・山形大学 古川 ヒデミツ</p> <h4>Newsトピックス</h4> <p>理研、接着剤不要の超柔軟導電接合に成功<br /> 産総研など、複数のAI活用し複雑な材料データから機能を予測する技術を開発<br /> NIMSなど、「全固体電池マテリアルズ・オープンプラットフォーム」を本格始動<br /> 旭化成、産業系由来の再生プラスチック利用促進システム開発を開始<br /> ユニチカ、サステナブル社会の実現に向け環境配慮型樹脂の販売を展開</p> <h4>雑誌ご購入</h4> <p><a href="https://softmatter.mechanical-tech.co.jp/subscription">定期購読はこちらから</a></p> <p><a href="https://www.fujisan.co.jp/product/1281701442/b/list/">単号のみのご購入はこちらから(外部サイト)</a></p> <p> </p></div> Fri, 12 Aug 2022 03:27:10 +0000 admin 362 at https://softmatter.mechanical-tech.co.jp 2022年7月号「ソフトマターの計測・評価技術」発行 https://softmatter.mechanical-tech.co.jp/index.php/node/361 <span class="field field--name-title field--type-string field--label-hidden">2022年7月号「ソフトマターの計測・評価技術」発行</span> <span class="field field--name-uid field--type-entity-reference field--label-hidden"><span lang="" about="/index.php/user/1" typeof="schema:Person" property="schema:name" datatype="">admin</span></span> <span class="field field--name-created field--type-created field--label-hidden">2022年07月13日(水曜日)</span> <div class="clearfix text-formatted field field--name-field-body field--type-text-long field--label-hidden field__item"><p><img alt="​SoftMatte2207月号表紙" data-entity-type="file" data-entity-uuid="6aac7740-af8d-46f3-a9c6-e416ab0f4072" src="/sites/softmatter.mechanical-tech.jp/files/inline-images/SoftMatte2207%E6%9C%88%E5%8F%B7%E8%A1%A8%E7%B4%99_0.jpg" class="align-right" /> “やわらかい物質”と計測・評価の技術情報誌「月刊Soft Matter」の第52号となる2022年7月号が7月13日に小社より発行された。</p> <p> 今号は、特集「ソフトマターの計測・評価技術」として、ソフトマターの計測・評価手法に関する概説から、走査型顕微光散乱(SMILS)による高分子ゲルの構造解析、樹脂成形品などの検査で時間・コストを削減するAI外観検査ソリューションなどについて紹介する。</p> <p> </p> <p> </p> <p> </p> <p> </p> <h4>特集:ソフトマターの計測・評価技術</h4> <p>◇走査型顕微光散乱(SMILS)による高分子ゲルの構造解析・・・山形大学 志賀 郁也、青山 響、亀岡 将成、一森 湧、渡邉 洋輔、小川 純、古川 ヒデミツ<br /> ◇AI外観検査ソリューションによる顧客価値の創出・・・コニカミノルタジャパン 大久保 卓哉 氏、加藤 高基 氏に聞く<br /> ◇ソフトマターの計測・評価手法と評価事例・・・編集部</p> <h4>連載</h4> <p>Cover Story・・・規格試験から研究開発までをサポートするトライボロジー評価装置<br /> ソフトマターの豆知識 第49回 ふわふわ雪とトランプ氷・・・山形大学 古川 ヒデミツ</p> <h4>Newsトピックス</h4> <p>農業施設学会シンポジウムが開催、 古川英光氏(山形大学)が3Dフードプリンターをテーマに講演<br /> 令和4年度中性子産業利用報告会が7/14、7/15に開催<br /> FOOMA JAPAN 2022が開催<br /> 日本トライボロジー学会、2021年度学会賞 授賞式を開催</p> <h4>雑誌ご購入</h4> <p><a href="https://softmatter.mechanical-tech.co.jp/subscription">定期購読はこちらから</a></p> <p><a href="https://www.fujisan.co.jp/product/1281701442/b/list/">単号のみのご購入はこちらから(外部サイト)</a></p> <p> </p></div> Wed, 13 Jul 2022 05:49:52 +0000 admin 361 at https://softmatter.mechanical-tech.co.jp 2022年7月号 https://softmatter.mechanical-tech.co.jp/index.php/node/360 <span class="field field--name-title field--type-string field--label-hidden">2022年7月号</span> <span class="field field--name-uid field--type-entity-reference field--label-hidden"><span lang="" about="/index.php/user/1" typeof="schema:Person" property="schema:name" datatype="">admin</span></span> <span class="field field--name-created field--type-created field--label-hidden">2022年07月13日(水曜日)</span> <div class="clearfix text-formatted field field--name-field-body field--type-text-long field--label-hidden field__item"><p><img alt="SoftMatte2207月号表紙s" data-entity-type="file" data-entity-uuid="f4886381-4219-4e2d-bf17-2253555c3c06" src="/sites/softmatter.mechanical-tech.jp/files/inline-images/SoftMatte2207%E6%9C%88%E5%8F%B7%E8%A1%A8%E7%B4%99s_0.jpg" class="align-left" /></p> <p> </p> <p> </p> <p> </p> <p> </p> <p> </p> <h4>特集:ソフトマターの計測・評価技術</h4> <p>◇走査型顕微光散乱(SMILS)による高分子ゲルの構造解析・・・山形大学 志賀 郁也、青山 響、亀岡 将成、一森 湧、渡邉 洋輔、小川 純、古川 ヒデミツ<br /> ◇AI外観検査ソリューションによる顧客価値の創出・・・コニカミノルタジャパン 大久保 卓哉 氏、加藤 高基 氏に聞く<br /> ◇ソフトマターの計測・評価手法と評価事例・・・編集部</p> <h4>連載</h4> <p>Cover Story・・・規格試験から研究開発までをサポートするトライボロジー評価装置<br /> ソフトマターの豆知識 第49回 ふわふわ雪とトランプ氷・・・山形大学 古川 ヒデミツ</p> <h4>Newsトピックス</h4> <p>農業施設学会シンポジウムが開催、 古川英光氏(山形大学)が3Dフードプリンターをテーマに講演<br /> 令和4年度中性子産業利用報告会が7/14、7/15に開催<br /> FOOMA JAPAN 2022が開催<br /> 日本トライボロジー学会、2021年度学会賞 授賞式を開催</p> <h4>雑誌ご購入</h4> <p><a href="https://softmatter.mechanical-tech.co.jp/subscription">定期購読はこちらから</a></p> <p><a href="https://www.fujisan.co.jp/product/1281701442/b/list/">単号のみのご購入はこちらから(外部サイト)</a></p></div> Wed, 13 Jul 2022 01:49:09 +0000 admin 360 at https://softmatter.mechanical-tech.co.jp HEFグループ、樹脂製筐体のEMC対策で電磁波シールドPVDコーティングの提案を強化 https://softmatter.mechanical-tech.co.jp/index.php/node/359 <span class="field field--name-title field--type-string field--label-hidden">HEFグループ、樹脂製筐体のEMC対策で電磁波シールドPVDコーティングの提案を強化</span> <span class="field field--name-uid field--type-entity-reference field--label-hidden"><span lang="" about="/index.php/user/1" typeof="schema:Person" property="schema:name" datatype="">admin</span></span> <span class="field field--name-created field--type-created field--label-hidden">2022年07月08日(金曜日)</span> <div class="clearfix text-formatted field field--name-field-body field--type-text-long field--label-hidden field__item"><p> 自動車において電動化・電子化が急激に進む中で安全性・快適性・省エネルギー化の点で電磁ノイズ問題の解決、つまりEMC(電磁両立性)対策が必要不可欠な取組みとなっている一方で、自動車の燃費向上、電費改善の点から軽量化を目的に多くの車載部品で樹脂化が急激に進展、それら樹脂製筐体において電磁波シールド(電磁波遮蔽)性を付与する技術が強く要求されている。</p> <p> ここでは、15年以上前から物理蒸着(PVD)法による電磁波シールドコーティング「PROCEMTM」を開発している仏HEFグループの日本国内における取組みについて、HEFグループで日本におけるマーケティング・技術支援を行うHEF DURFERRIT JAPAN社長のジュリアン グリモ氏と、受託加工を手掛けるナノコート・ティーエス社長の熊谷 泰 氏に話を聞いた。</p> <figure role="group" class="caption caption-img align-center"><img alt="HEF ナノコート・ティーエス 電磁波シールドPVDコーティング 左から、グリモ氏、熊谷氏 mst 表面改質" data-entity-type="file" data-entity-uuid="e21ea382-9b4d-4f9d-8c61-a1f7ed5928f9" src="/sites/surface.mechanical-tech.jp/files/inline-images/kat22070700.jpg" /><figcaption>左から、グリモ氏、熊谷氏</figcaption></figure><p> </p> <h2>電子化が進む自動車におけるEMC対策の必要性</h2> <p> EMC(電磁両立性Compatibility)とはEMI(電磁妨害Interference/エミッション問題)とEMS(電磁妨害感受性Susceptibility)を両立させることをいうが、一方で有効利用される電波が、他方ではノイズになるということが問題を複雑にしており、電子化が進む自動車において、安全性・快適性・省エネルギー化を考える上で、電磁ノイズ問題の解決、つまりEMC対策は必要不可欠な取組みとなっている。</p> <p> 内燃機関を持つ自動車で約3万点、電気自動車で約1万点といわれる自動車部品において、電子部品の占める割合は年々高まってきている。電子化が進む自動車には内燃機関車で100個程度のECU(電子制御ユニット)が使われ、これらのECUは車載LANによってネットワーク化されており、車載LANは電動パワーステアリング(EPS)などのパワートレイン系・シャーシ系、ドアコントロール機器などのボディ制御系、ナビゲーション機器などのマルチメディア系、エアバッグなどの安全系に分類される。一方で、自動車の燃費向上、電費改善の点から軽量化を目的に、パワートレイン系、ボディ制御系、マルチメディア系、安全系の多くの部品において樹脂化が急激に進展しており、それら樹脂製筐体において電磁波シールド(電磁波遮蔽)性を付与する表面改質技術が強く要求されている。</p> <p> ユーザーの課題をトライボロジーの総合力で解決する「トライボロジー研究センター」である仏HEF社では、15年以上も前から、特に日本の電子機器メーカーにおいて樹脂製筐体に電磁波シールド性を付与したいとのニーズに応え、物理蒸着(PVD)法による電磁波シールドコーティング「PROCEMTM」を開発しているが、近年、HEFグループのナノコート・ティーエスの石川事業所(石川県能美市)において、PROCEM膜の受託加工を開始。自動車の電動化、さらには先進運転支援システム(ADAS)や自動運転に向け、搭載点数の進む電子部品で要求の強い、電磁波シールド性に関する日本国内での各種ニーズに対し、迅速に細やかに対応している。</p> <h2>電磁波シールドPVDコーティング</h2> <p> HEFが開発したPVDコーティングPROCEMは、樹脂や複合材料に電磁波シールド機能を付与するための導電性の多層金属膜である。</p> <p> 導電性コーティングは、筐体設計を基本的に変えることなく樹脂製筐体への電磁波シールド機能を付与するために用いられている方法の一つで、自動車用電装機器は酷寒から灼熱までの広い温度範囲で使われるばかりでなく、耐振動性や耐水性など、一般の電子機器よりもはるかに高いレベルの特性・信頼性が求められる。このため、車載機器においてはEMC問題の解決だけでなく、耐食性、はんだ付け性など多様な要求性能への適合が突き付けられている。</p> <p> PROCEMコーティングは、自動車電装機器で要求される電磁波シールド仕様(ノイズ減衰性能)をクリアするだけではなく、薄膜のため成膜前後の筐体の寸法変化や重量変化がなく、マスキングが必要な部分の仕上がり具合などの問題を同時に解決できる。</p> <h3>PROCEM膜の概要</h3> <p> 電磁波シールドの原理は、電磁波の反射減衰(10MHz~5GHz)や吸収減衰(F>5GHz)などのメカニズムによって電磁波エネルギーを滅衰させるもので、電磁波を減衰させることにより精密機器への悪影響が回避される。</p> <p> PROCEMは、銀ベース、銅ベース、アルミベースの導電性多層膜構成とすることで電磁波シールド機能を付与するコーティングで、ナノコート・ティーエス 石川事業所では、スパッタリング+プラズマCVDのハイブリッドプロセスを用いた成膜温度90℃以下の低温処理が可能なHEF製の中型成膜装置「TSD 550」(<strong>図1</strong>)を導入して、受託加工を実施している。銀ベースや銅ベースのコーティングでは腐食が発生しやすいが、多層膜構成とすることで塩水噴霧試験150時間以上に耐える耐食性の高い膜としている。</p> <p> 電磁波シールド性を表す代用物性値として、抵抗率が用いられ、抵抗率の小さいものほど電磁波シールド性が高くなる。PROCEM膜では体積抵抗率1~5×10-6Ωcmという低い体積抵抗率、つまり高い電磁波シールド性を実現している(<strong>表1</strong>参照)。</p> <p> また、シールド性能はdB(デシベル)を使って表現する。電磁波がどの程度減衰したかを相対的に表現する数字で、シールド前の電界強度とシールド後の電界強度の比(減衰量)を対数で表現したものとなる。</p> <p> シールド性能(dB)=20×log(シールド後の電界強度/シールド前の電界強度)</p> <p> 多くの場合、減衰効果の狙いは60~80dBで、例えばシールドによって電磁波が1/1000になった場合を—60dB(シールド率99.9%)、1/10000になった場合を—80dB(シールド率99.99%)と表記する。自動車用機器で要求される電磁波シールド効果が周波数により—35~—55㏈なのに対して、PROCEM膜では周波数により—65~—125㏈という減衰効果を実現して、自動車電装機器の電磁波シールド仕様を十分にクリアしている(<strong>図2</strong>)。参考までに、銅ベース、アルミベース、銀ベースの各PROCEM膜の減衰効果を図3に示す。<br />  </p> <figure role="group" class="caption caption-img align-center"><img alt="HEF ナノコート・ティーエス  電磁波シールドPVDコーティング 図1 ナノコート・ティーエス石川事業所に設置した中型成膜装置「TSD 550」 mst 表面改質" data-entity-type="file" data-entity-uuid="db974140-b34f-412a-9adb-732402dc46f5" src="/sites/surface.mechanical-tech.jp/files/inline-images/kat22070701_0.jpg" /><figcaption>図1 ナノコート・ティーエス石川事業所に設置した<br /> 中型成膜装置「TSD 550」</figcaption></figure><p> </p> <figure role="group" class="caption caption-img align-center"><img alt="HEF ナノコート・ティーエス  電磁波シールドPVDコーティング 表1 PROCEM膜の仕様 mst 表面改質" data-entity-type="file" data-entity-uuid="ceb3ec6f-e6c3-4be8-b2e6-8a9dc706a973" height="137" src="/sites/softmatter.mechanical-tech.jp/files/inline-images/%E8%A1%A81_2.jpg" width="735" /><figcaption>表1 PROCEM膜の仕様</figcaption></figure><p><br />  </p> <figure role="group" class="caption caption-img align-center"><img alt="HEF ナノコート・ティーエス 電磁波シールドPVDコーティング 図2 PROCEM2膜の減衰効果 mst 表面改質" data-entity-type="file" data-entity-uuid="12c7a3c4-2da0-4b59-8f68-ecbff3bea0b9" height="319" src="/sites/surface.mechanical-tech.jp/files/inline-images/%E5%9B%B32_1.jpg" width="502" /><figcaption>図2 PROCEM2膜の減衰効果</figcaption></figure><p> </p> <figure role="group" class="caption caption-img align-center"><img alt="HEF ナノコート・ティーエス 電磁波シールドPVDコーティング 図3 銅ベース、アルミベース、銀ベースの各PROCEM膜の減衰効果 mst 表面改質" data-entity-type="file" data-entity-uuid="f53e2cb5-8fed-4400-9dc8-0eb0e670f4a1" height="416" src="/sites/softmatter.mechanical-tech.jp/files/inline-images/%E5%9B%B33_2.jpg" width="637" /><figcaption>図3 銅ベース、アルミベース、銀ベースの各PROCEM膜の減衰効果</figcaption></figure><p> </p> <h3>めっきに対する利点</h3> <p> 樹脂製筐体への電磁波シールド機能を付与する手法としては、HEFが開発したPVDコーティング以外に、電磁波シールドめっきや電磁波シールド塗料などを処理する手法もあるが、電磁波シールドめっきと比較した場合、電磁波シールドPVDコーティングPROCEMには以下のような利点がある。</p> <p><strong>①主な樹脂基材およびコンポジット基材に直接成膜できる</strong><br />  めっき処理では、樹脂表面とめっき皮膜との密着性を高める目的で、樹脂表面に凹凸を形成する物理的効果と官能基を生成させる化学的効果を付与するためのエッチング処理がなされるが、現時点でABS樹脂やポリカーボネート(PC)樹脂など限られた樹脂を対象とした専用エッチング液しか市場にないため、めっき処理が可能な樹脂基材が制約されている。</p> <p> これに対して、PROCEM膜では、ABS・PC・ポリアミド(PA)・ポリメチルメタクリレート(PMMA)・ポリアリルアミン(PAA)・ポリイミド(PI)・ガラス繊維など、ほとんどの樹脂基材およびコンポジット基材に対して、めっき皮膜に比べて密着性が極めて高く耐食性も極めて高い電磁遮蔽被膜をダイレクトに成膜できる。</p> <p><strong>②ドライコーティングのため環境にやさしい</strong><br />  めっき処理ではエッチング工程における六価クロムなど環境負荷の大きい物質が使用されるのに対して、PROCEM膜はスパッタリングにより成膜される、環境負荷が極めて小さいドライコーティングである。</p> <p><strong>③薄膜のため高精度・軽量性を保持</strong><br />  めっき皮膜では電磁波シールド機能を付与するのに数十μmと厚膜にする必要があるのに対して、PROCEM膜では膜厚1~2μmの薄膜で電磁波シールド機能を付与できるため、樹脂製筐体への成膜前後の寸法変化がなく、また、重量変化もほとんどない。</p> <h3>電磁波シールドPVDコーティングとDLCコーティングとの複合処理</h3> <p> HEFでは複合多層膜のため密着性に優れ高負荷でもはく離を起こさない、耐摩耗性や潤滑性に優れたダイヤモンドライクカーボン(DLC)コーティング「CERTESS™(セルテス)DLCシリーズ」をラインナップしている(<strong>表2</strong>)。</p> <figure role="group" class="caption caption-img align-center"><img alt="HEF ナノコート・ティーエス 電磁波シールドPVDコーティング 表2 主なCERTESS(セルテス)DLCシリーズ mst 表面改質" data-entity-type="file" data-entity-uuid="cfd0d1ac-878f-45a6-aafa-ad99dc9d7644" height="193" src="/sites/softmatter.mechanical-tech.jp/files/inline-images/%E8%A1%A82_0.jpg" width="739" /><figcaption>表2 主なCERTESS(セルテス)DLCシリーズ</figcaption></figure><p> </p> <p> 車載機器では電動化の進展とともにセンサー類の搭載が増大してきているが、センサーは走行の安全性や快適性を守るべく、自動車の振動や塵埃といった悪環境、広い温度範囲でも正確に動作する必要があり、ナノコート・ティーエス 石川事業所では、センサー類の表面に電磁波シールドPVDコーティングPROCEMを施すとともに、最表面に耐摩耗性など高耐久性を付与するDLCコーティングCERTESSを複合処理することにも対応。センサー類の高い動作信頼性を実現できる。</p> <h2>今後の展開</h2> <p> 電磁波シールドPVDコーティングPROCEMは高い電磁波シールド性とともに高耐食性を有し、薄膜のため高精度で軽量といった多くの特徴を持つことから、自動車カーナビ筐体(<strong>図4</strong>)などの車載電装機器のほか、電話コネクターや軍事用暗視カメラ(<strong>図5</strong>)、歯医者用レントゲン撮影機など各種の産業分野で採用されている。</p> <figure role="group" class="caption caption-img align-center"><img alt="HEF ナノコート・ティーエス 電磁波シールドPVDコーティング 図4 自動車カーナビ筐体 mst 表面改質" data-entity-type="file" data-entity-uuid="42b93d4c-74a5-4b08-a240-a0a9c67ce734" src="/sites/surface.mechanical-tech.jp/files/inline-images/%E5%9B%B34.jpg" /><figcaption>図4 自動車カーナビ筐体</figcaption></figure><p> </p> <figure role="group" class="caption caption-img align-center"><img alt="HEF ナノコート・ティーエス 電磁波シールドPVDコーティング 図5 軍事用暗視カメラ mst 表面改質" data-entity-type="file" data-entity-uuid="e761bbe1-5be0-470e-9fe1-8866ce30083b" src="/sites/surface.mechanical-tech.jp/files/inline-images/%E5%9B%B35.jpg" /><figcaption>図5 軍事用暗視カメラ</figcaption></figure><p> </p> <p> 上述のとおりナノコート・ティーエス 石川事業所において、すでにPROCEM膜の受託加工が開始されているが、自動運転に向けて電子機器の搭載が急激に進む自動車にあって、軽量化を目的に採用の進む樹脂製部品への電磁波シールドコーティングに対するニーズは多種多様になっていくものと思われる。</p> <p> 同社およびHEFでは、電磁波シールドPVDコーティングPROCEMの、めっきなど他の電磁波シールド手法と比べた際の高い生産性や高い精度(高品質)、軽量化への寄与、環境負荷の低減といった多くのメリットを日本国内の電子機器メーカーや成形材料メーカーなどに訴求するとともに、多様なアプリケーションでの成膜・試験データを蓄積しつつ、DLCコーティングとの複合化など各種ユーザーニーズに対応できる電磁波シールドPVDコーティングの手法を確立していくことで、電磁波シールド用途のドライコーティングの市場を拡大していく。</p> </div> Fri, 08 Jul 2022 00:12:21 +0000 admin 359 at https://softmatter.mechanical-tech.co.jp ダイセル、銀ナノ粒子インク利用で曲げられる透明ヒーターを開発 https://softmatter.mechanical-tech.co.jp/index.php/node/358 <span class="field field--name-title field--type-string field--label-hidden">ダイセル、銀ナノ粒子インク利用で曲げられる透明ヒーターを開発</span> <span class="field field--name-uid field--type-entity-reference field--label-hidden"><span lang="" about="/index.php/user/1" typeof="schema:Person" property="schema:name" datatype="">admin</span></span> <span class="field field--name-created field--type-created field--label-hidden">2022年07月05日(火曜日)</span> <div class="clearfix text-formatted field field--name-field-body field--type-text-long field--label-hidden field__item"><p> ダイセル(<a href="https://www.daicel.com/">https://www.daicel.com/</a>)は、プラスチックシート内部に熱線を埋め込んだ曲げられる透明ヒーターを開発した。銀ナノ粒子インク「Picosil<sup>®</sup>」を厚み100μm以上の高アスペクト比の銀熱線(配線)にする技術を用いて、河村産業の協力のもとで作成したもの。ナノサイズの銀粒子が均一に分散したインクで、低温・短時間の焼結処理で抵抗農低い銀熱線となるため、低電圧で高電流を流すタイプの省電力ヒーターの作成に適する。銀熱線はフィルム内部に封止された構造をとる。</p> <p> 同ヒーターは通電1分で表面温度が約60℃まで上昇し安定。表面に付着したインフルエンザウイルスは通電30分後には99%以上が不活性化され、60分後には不検出となった。同社では今後、新型コロナウイルスに対しても同様の評価を進める予定。同ヒーターを飛沫拡散防止板として利用すると、飲食店などでの消毒液噴霧の手間を省力化できるほか、窓ガラスの曇り止めや結露防止、融雪などへの応用も期待される。<br />  </p> <figure role="group" class="caption caption-img align-center"><img alt="ダイセル 銀ナノ粒子インク 曲げられる透明ヒーター外観(左)と通電時の発熱観察(右) 月刊ソフトマター メカニカル・テック社" data-entity-type="file" data-entity-uuid="2cf561e9-1504-43c8-9dc5-b78f37e7e358" height="200" src="/sites/softmatter.mechanical-tech.jp/files/inline-images/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%BB%E3%83%AB.jpg" width="559" /><figcaption>ヒーター外観(左)と通電時の発熱観察(右)</figcaption></figure><p><br /><br />  </p> </div> Tue, 05 Jul 2022 00:49:33 +0000 admin 358 at https://softmatter.mechanical-tech.co.jp ソマール、高磁気応答性の磁気粘性流体を開発 https://softmatter.mechanical-tech.co.jp/index.php/node/357 <span class="field field--name-title field--type-string field--label-hidden">ソマール、高磁気応答性の磁気粘性流体を開発</span> <span class="field field--name-uid field--type-entity-reference field--label-hidden"><span lang="" about="/index.php/user/1" typeof="schema:Person" property="schema:name" datatype="">admin</span></span> <span class="field field--name-created field--type-created field--label-hidden">2022年07月05日(火曜日)</span> <div class="clearfix text-formatted field field--name-field-body field--type-text-long field--label-hidden field__item"><p> ソマール(<a href="http://www.somar.co.jp/">http://www.somar.co.jp</a>/)は、低粘度で高磁気応答性・再現性に優れる磁気粘性流体(MR流体)「ソマグナー<sup>®</sup> HA-01S」を開発した。高応答性の特徴から、振動に応じ、高精度に、リアルタイムで減衰力を制御できるダンパーやせん断応力が大きく応答速度も非常に速い高トルクのブレーキなど、次世代自動車のアプリケーションに適している。</p> <figure role="group" class="caption caption-img align-center"><img alt="ソマグナー HA-01S ソフトマター メカニカル・テック社" data-entity-type="file" data-entity-uuid="fe63cd31-7351-44a3-8684-17ab5d738135" height="326" src="/sites/softmatter.mechanical-tech.jp/files/inline-images/%E3%82%BD%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%AB.jpg" width="490" /><figcaption>ソマグナー HA-01S</figcaption></figure><p> </p> <p> MR流体は溶媒中にマイクロサイズの磁性材料を分散させた液体で、磁場を印加することで粘性が変化し半固体状になる。これにより、機械的な摩擦力を伴わずにダンパーやブレーキを構成できる。</p> <p> ソマールの独自技術によるMR流体ソマグナーは、低粘度化、高磁気応答性、再現性、沈降安定性を付与したもの。使用する機械の初期トルク低減のため、磁場の無い状態での粘度を低く抑えているほか、独自に調整した粒子コントロール技術により磁場印加時の高応答性を実現。さらに、磁場印加を繰り返した場合でも、粘度が安定しており、再現性に優れている。</p> </div> Tue, 05 Jul 2022 00:02:40 +0000 admin 357 at https://softmatter.mechanical-tech.co.jp 農業施設学会シンポジウムが開催、 古川英光氏(山形大学)が3Dフードプリンターをテーマに講演 https://softmatter.mechanical-tech.co.jp/index.php/node/356 <span class="field field--name-title field--type-string field--label-hidden">農業施設学会シンポジウムが開催、 古川英光氏(山形大学)が3Dフードプリンターをテーマに講演</span> <span class="field field--name-uid field--type-entity-reference field--label-hidden"><span lang="" about="/index.php/user/1" typeof="schema:Person" property="schema:name" datatype="">admin</span></span> <span class="field field--name-created field--type-created field--label-hidden">2022年06月17日(金曜日)</span> <div class="clearfix text-formatted field field--name-field-body field--type-text-long field--label-hidden field__item"><p> 6月7日~10日に東京都江東区の東京ビッグサイトで開催された「FOOMA JAPAN 2022(国際食品工業展)」(主催:日本食品機械工業会)会期中の6月7日、「農業施設学会シンポジウム」(主催:農業施設学会、講演:日本食品機械工業会)が“フードテックで切り拓く未来の食のかたち”をテーマに開催された。ソフトマター関連では、山形大学 古川英光教授が「食の課題解決に挑む3Dフードプリンター」と題して講演を行った。</p> <p> 講演ではまず、山形大学 古川研究室(ソフト&ウエットマター工学研究室(SWEL))で開発した安心・安全で食品ロスゼロの「粉末3Dフードプリンター」の技術や利点について紹介。3Dフードプリンターから生まれる食品が安全な理由として、原料は自然由来の食品粉末と水だけで、火を使わずにレーザー光で加熱調理できること、食品安全性をクリアした材料で装置開発がなされていることなどを挙げた。</p> <p> 今後の構想として、2050年までに食糧の無駄をなくし健康・環境に配慮した合理的な食糧消費を促す解決法を開発する目的で「レーザークック株式会社」を設立準備中であること、自分の好みの味が手に入り自分のヘルスデータと連動した自分に合った食材・栄養を最適化できるといった来客のメリットや、すべての人に最適な食を提供できる、顧客のロングテールニーズに対応できるといったコンビニのメリットが得られる“3Dプリンターをセンターとする未来のコンビニエンスストア”などについて披露したほか、イーロン・マスクの火星移住計画の際にスターシップに粉末3Dフードプリンターを積んで藻類スピルリナ粉末などを原料に宇宙食の生産に役立てるといった可能性も示唆した。</p> <p> また、自身が会長を務める「やわらか3D共創コンソーシアム」での徹底した議論に基づく未来ビジョンにおいても、3Dフードプリンターをセンターに置いた、誰もがおいしく、健康的で、自分好みの、その場調理による温かい作り立てフードを楽しめる地産地消・フードロスゼロの未来のコンビニは、地域の食生活に活力や笑顔をもたらす、と総括した。</p> <figure role="group" class="caption caption-img align-center"><img alt="古川英光氏 食料施設学会シンポジウム 月刊ソフトマター" data-entity-type="file" data-entity-uuid="4ccd0c78-fe17-4c67-8dff-c88e77612370" src="/sites/softmatter.mechanical-tech.jp/files/inline-images/kat22061703.jpg" /><figcaption>講演を行う古川氏</figcaption></figure><p><br />  </p> </div> Fri, 17 Jun 2022 05:03:24 +0000 admin 356 at https://softmatter.mechanical-tech.co.jp